交通事故・刑事事件に加えて借金問題・労働問題の対応を本格化しています。

示談書の書式

滋賀大津で刑事事件に強い弁護士をお探しの方、無料相談をご希望の方へ。

このページでは、滋賀大津近くの弁護士が「示談書の書式」についてご説明します。

2017年7月13日に改正刑法が施行され、旧強姦罪・強制わいせつ罪に関して、大きな変更がありました。詳しくはこちらをご覧ください。

刑事事件の示談書の書式

刑事事件の示談書の書式、サンプル

示談書

甲及び乙は、乙が平成○年○月○日に、甲に対して行った          に関する被疑事件(以下「本件事件」という)について、下記のとおり示談した。

第1条 乙は、甲に対して本件事件について著しく迷惑をかけたことを深くお詫びし、謝罪する。

第2条 乙は本日、本件事件の和解金として金     円を支払い、甲は受領した。

第3条 甲は、乙の本件事件行為を宥恕し、乙の刑事処分を望まない。甲は被害届・刑事告訴・告発を全て取り下げる。

第4条 甲及び乙は、本合意書に定めるほか、互いに何らの債権債務も存在しないことを確認する。

平成○年○月○日

甲 (住所)         

(氏名)        印

乙 (住所)         

(氏名)        印

色々な刑事事件の示談書の書式、サンプル

痴漢の刑事事件の示談書の書式、サンプル

示 談 書

 被害者山田花子(以下「甲」という)と加害者鈴木太郎(以下「乙」という)は、乙が甲に対し平成25年5月5日にJR山手線内車両内で行った強制わいせつ痴漢事件(以下「本件事件」という)について、下記のとおり示談する。

1 謝罪

乙は甲に対し、本件事件を犯した事実を認め、心から謝罪する。

2 被害弁償

① 乙は甲に対し、本件事件の示談金として50万円の支払い義務があることを認める。

② 甲は、本日、上記①の50万円全額を受領した。

③ 本示談の成立により、甲乙間には何らの債権債務関係がないことを相互に確認する。

3 宥恕

本示談の成立により、甲は本件事件を許し、乙が刑事処罰を受けないことを望む。

以 上

平成26年1月1日

(甲 署名)山 田 花 子 ㊞  

 (乙 署名)鈴 木 太 郎 ㊞  

傷害の刑事事件の示談書の書式、サンプル

示 談 書

○○県○○市○○○町○○番地○○号

被害者(甲)     ○○ ○○○

○○県○○市○○○町○○番地○○号

加害者(乙)     ○○ ○○○

 甲および乙は、平成○○年 ○○月 ○○日 ○○県○○市○○○町○○番地先路上に於いて、乙が甲へ対して暴行し、−傷病名− −傷病名− −傷病名− など全治○ヶ月の怪我を負わせた、   逆送罪名:○○罪 送致番号:○○警察署第○○号 について、双方協議の上、下記の通り示談する。

1. 乙は甲へ対して、治療費、慰謝料などを含む損害賠償金として金○○○円を支払うこととする。

2. 甲は乙の前記行為を宥恕し、直ちに告訴を取り消す。

3. 甲と乙は、以上をもって本件に関する一切の紛争が解決したものとし、甲は乙に対し以後何ら請求を行わないこととする。

4. 甲および乙は、本示談書に記載されたもの以外に何ら債権債務がないことを双方の協議において確認した。

上記の通り、甲乙双方の協議により示談が成立いたしましたので、本示談書を2通作成した上で甲乙それぞれ捺印し、各自一通これを保管することとする。

平成○○年○○月○○日

被害者(甲):住所

      氏名    

加害者(乙):住所

氏名          

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます
上記の記事でよくわからない部分を無料で版越しに相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

刑事事件LINE弁護団のご案内

アトムの「刑事事件LINE弁護団」を友だち登録するメリットをご案内します。面倒な会員登録なし、いつも使っているLINEで友だち登録するだけで、刑事専門弁護士に無料相談できる点が特長です。

刑事事件LINE弁護団のご案内 刑事事件LINE弁護団のご案内
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

電話で弁護士に相談する 0120-631-276 LINEで弁護士に無料相談する メールで弁護士に無料相談する

はじめよう、LINEで弁護士に無料相談