交通事故・刑事事件に加えて借金問題・労働問題の対応を本格化しています。

行政事件との違い

滋賀大津で刑事事件に強い弁護士をお探しの方、無料相談をご希望の方へ。

このページでは、滋賀大津近くの弁護士が「行政事件との違い」についてご説明します。

刑事事件と行政事件との違い

裁判に係る事件は、一般に、刑事事件民事事件行政事件に大別されます。刑事事件とは、このうち、刑罰が規定された刑事法が適用され、国家の犯人に対する刑罰権の存否が問題となる事件を言います。

これに対して、行政事件とは、行政庁の公権力の行使に関する不服の訴訟、その他公法上の法律関係に関する訴訟事件を言います。特に、私法上の権利関係に関する訴訟(民事事件)との区別が重要となってきます。

刑事事件 刑罰が規定された刑事法が適用され、国家の犯人に対する刑罰権の存否が問題となる事件
民事事件 私法上の権利関係に関する訴訟事件
行政事件 行政庁の公権力の行使に関する不服の訴訟、その他公法上の法律関係に関する訴訟事件

刑事事件弁護士の用語解説

行政事件とは

行政事件とは、行政庁の公権力の行使に関する不服の訴訟、その他公法上の法律関係に関する訴訟事件を言います。

行政事件は、民事事件や刑事事件と並ぶ概念です。特に、私法上の権利関係に関する訴訟(民事事件)との区別が重要となってきます。

なお、日本では、国家賠償法に基づく損害賠償請求に関する訴訟事件は、行政事件に含まれません。

行政事件と民事事件を区別する実益とは

戦前の日本は、行政裁判制度を採っており、民事事件は司法裁判所が管轄し、行政事件は行政裁判所が管轄するとされていました。そのため、民事事件と行政事件との区別は、裁判管轄の決定にあたって非常に重要でした。

この点、日本の現行法は、行政事件も司法裁判所の管轄としているので、両者の区別は、裁判管轄を決定する上では、その意味を失っています。

しかし、民事事件は、民事訴訟法に従って審理されるのに対し、行政事件には行政事件訴訟法の適用があるので、なお、訴訟手続の上で両者を区別する意義があると言えます。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます
上記の記事でよくわからない部分を無料で版越しに相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

刑事事件LINE弁護団のご案内

アトムの「刑事事件LINE弁護団」を友だち登録するメリットをご案内します。面倒な会員登録なし、いつも使っているLINEで友だち登録するだけで、刑事専門弁護士に無料相談できる点が特長です。

刑事事件LINE弁護団のご案内 刑事事件LINE弁護団のご案内
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

電話で弁護士に相談する 0120-631-276 LINEで弁護士に無料相談する メールで弁護士に無料相談する

はじめよう、LINEで弁護士に無料相談